セックスレス

セックス嫌いの妻ともう一度セックスする方法

セックスレスでお悩みですか?

妻がセックス嫌いで、ぜんぜんヤラせてもらえませんか?

レスの経験がない人には、たかがセックスと思われますが、本人からすれば切実な問題。

男としての自信を失い、プライドもズタズタに。。

セックス嫌いになった妻と、もう一度セックスする方法はないものなのか?

本日は、そんなお悩みを解決するべく、

「セックス嫌いの妻ともう一度セックスする方法」

と題して、考察していきたいと思います。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」が、つとめさせていただきます。

 

関連記事

 

妻のセックス嫌い・その理由

まずは、妻がセックス嫌いになる理由について考えてみましょう。

妻は、疲れている

日本の女性は、とにかく献身的。

家事育児にすべての体力を使い果たし、その上、仕事までこなす毎日。

一日の終わりには、力尽きて、とてもではないけれども、夫の相手などムリ。

なぜ、そこまで自分を追い詰めるのかと思えるほど、なんでも完璧にこなそうとして、それでいて責任感も強い。

妻は疲れ過ぎていて、精神的にも肉体的にも、セックスどころではないのが実情なのです。

身体的問題

アトピーなどアレルギー体質の女性も、セックスレスになりやすい傾向があります。

一つには、セックスで体が温まると、痒みなどの症状が出てきたり、体に不快感を感じるなど。

その他、ムダ毛処理を長らくしていないために、夫に見られては困るなども身体的にセックスを拒む理由です。

更年期

女性の更年期は、はやい人で、30歳を過ぎたころから、体の不調を訴えはじめます。

更年期がはじまると、ホルモンバランスが崩れて、生理不順にもなり、モヤモヤと辛い日々が続くのです。

そんな時にセックスは、ちょっと勘弁してほしいと願うものです。

産後性欲がわかない

多くの女性が、出産後に性欲がわかないと訴えます。

これは、出産によるホルモンバランスの変化で、一時的なものなのですが、この時期を境に長いセックスレスに突入する夫婦もめずらしくありません。

環境問題

家が狭いとか、義理の両親と同居など、とてもセックスをする環境にないことも、妻がセックス嫌いになる理由です。

セックス中のあられもない姿を子供に目撃されたり、ふすまごしに喘ぎ声が義理の親に聞こえたり、はたまた声を押し殺すあまりに、窒息しそうになったり。

住宅環境を改善しないと、セックスレスを助長するばかりなのです。

夫を男性として見られない

結婚して子供ができると夫の事を「パパ」と呼ぶようになり、男として見なくなります。

すると

「家族同士セックスなんて、なんか変?!」

とばかりに、セックスをする気が失せて、そのまま夫を拒むようになるのです。

セックスが痛い

女性も年とともに、膣が濡れにくくなるものなのです。

もしくは、濡れてはいるけれど、粘液が薄くなり、膣内のすべりが悪くなる傾向にあります。

それを理解しないで、ガシガシ指をいれたり、無理に挿入すると痛みを感じて、しまいにはセックス嫌いになるのです。

気持ち良くない

夫は、いつも自分本位なマンネリセックスばかり。

勝手に脱がされ、勝手に挿入され、3分ももたずに射精して終わり。

これでは、性の快感も女の喜びもあったものではありません。

妻は、次第にセックス嫌いになり、夫に嫌悪感さえ感じるようになるのです。

過去にひどく拒否られた

以前、思い切って、妻から誘った時に

「疲れているから」

と冷たくあしらわれて、心が折れた経験をした女性も少なくありません。

それが、夫がしたい時だけ、覆いかぶさってきたのでは、たまったものではありません。

それ以来、妻は、セックス嫌いになってしまったのです。

本当の原因は、ストレス

結局のところ、妻のセックス嫌いを突きとめると、それは「ストレス」なのです。

日常生活からくるストレス。 

コンプレックスからくるストレス。 

義理の親やママ友などから来るストレス。

現代社会では、さまざまなストレスと向き合っていかなくてはなりません。

そしてストレスこそ、性欲ホルモンである「テストステロン」を減少させ、妻をセックス嫌いにさせる一番の原因。

この妻の「ストレス」を取り除くことこそが、セックスレス解消の唯一のカギとなるのです。

セックス嫌いの妻ともう一度セックスする方法

この項では、セックスが嫌いな妻の「ストレス」を取りのぞいて、セックスレスを解消する方法をご紹介します。

妻をいたわる

まず第一に、最愛の妻を常にいたわる気持ちが大切です。

家事育児や仕事が大変なら、優しい言葉をかけてあげたり、掃除洗濯を手伝ってあげたり。

そうすることで、妻の気持ちにもゆとりが出てきて、ストレス解消にもなり、次第に夫への信頼感と愛情をとりもどすようになるのです。

妻ファーストのセックスを考える

今までの自分本位のセックス観を見直し、妻を主体に性生活を考えてみることも、セックスレス解消法の大きな要因です。

挿入だけを求めるセックスをあらためて、妻の意見や要望を聞きながら、どうすれば、妻が感じてくれて、どうすれば喜んでもらえるのかを考えるべきなのです。

その先にはきっと、女として忘れかけていた、性の快楽を取りもどし、夫婦が再び燃え上がる日が訪れるはずです。

コミュニケーション

普段からの会話は、夫婦生活でも大切なばかりか、人間関係を構築するうえでも重要な要素です。

一日の出来事を正直に話し合えることや、相手の話をしっかりと聞いてあげることなど、コミュニケーションからも、妻のセックスレスを解消するきっかけになるのです。

スキンシップ

セックスの時だけ、妻の体に手を伸ばすのは、どう考えても、おすすめできません。

仲の良い夫婦なら、普段から手をつないで外出したり、寝る時にも体をくっつけてみたり、とかくスキンシップを大切にしています。

セックスがしたい時でも、台所に立つ妻の腰回りに手をまわして「今夜どお?」なんてやるから相手ものってくるのです。

手紙を書く

セックスレス解消を提案するなら、口頭で言うよりも、手紙を書くことをおすすめします。

とかく夫婦間の話し合いでは、責める側と責められる側、もしくは、力の強いものと弱いものに分断されがちです。

それが、手紙で気持ちを伝えることにより、表現が和らげられて、妻の方でも冷静に受け止められるのです。

しかも、手紙の方が、LINEなどのメッセージよりも、気持ちを整理しやすいため、真実味と誠実さを伝えることができるのです。

一人の女性として見る

多くのレス夫婦が証言するように、結婚して子供を持つと、お互いに「パパママ」と呼び合い、妻を一人の女性として見なくなってしまいます。

その流れで、妻の方でも女を諦めて、ママに徹してしまうわけなのです。

特に日本の女性は、ママになることを自分の使命と強く信じてしまう傾向があるのです。

夫婦のセックスは、パパとママがするものではなくて、男と女、もっと言えば、オスとメスが交わるものなのです。

普段から妻を一人の女性として見ることで、妻の方でも、忘れかけていたメスの本能をよみがえらせるきっかけになるはずです。

男性としての自覚

妻を一人の女性として見ることと同じく、夫自身も一人の立派な男性としての自覚が必要です。

それは、男としての責任感であったり、妻を支える男の強さであったり。

なんでも妻任せで、早くからご隠居さんになったかのように、自分では何もしない、何も決断しない。

それでは、妻をリードして、セックスに誘うことすらままならないはずです。

そんな自覚の無さを改めて、立派な男性として、妻をセックスにリードしてみましょう。

改築してみる

家の改築も、セックスレス解消に良い影響を与えてくれます。

例えば、夫婦の寝室を子供部屋から離してみるとか、両親の部屋と距離をとるなど。

もし家が狭い場合でも、パテンションを上手につかって、夫婦の空間をつくるなど、少しの改装だけでも、ずいぶんとプライベートな空間を生み出せるものなのです。

食生活を見直す

近年、日本人の食生活が、大きく様変わりしてきました。

高齢化にともない、低カロリーのあっさり食品が主流になり、うどんやそばの需要が増えて、精のつく食事が極端に少なくなっています。 

夫だけでなく、妻の方でも、お昼にカップラーメンや菓子パンなど、手軽ではあるけれど、エネルギーになりにくい食事ばかりを摂取。

これでは、知らぬ間に妻がセックスレスになっても、不思議ではありません。

今一度、食生活を見直して、もっと精力のつく食事を摂るように、普段から心がけてみましょう。

夫婦そろって運動する

夫婦そろって運動をすることは、健康にいいばかりか、お互いに時間を共有しあい、夫婦の話題も豊富になります。

その上、適度な時間、お日さまにあたることで、体内のビタミンDが増えて、男女ともに生殖機能が改善されるのです。

テニスでも、ゴルフでも、もっと気軽にジョギングやウオーキングなどでも、夫婦そろって運動をすることで、セックスレス解消に努めてみましょう。

リラックスマッサージ

人間の体は、リラックスすることで、性欲が高まるようになります。

普段は、家事育児などで忙しい、妻の体をいたわるように、マッサージをほどこしてあげることで、ストレスが発散されて、リラックス効果が高まります。

マッサージは、スキンシップの一環としても効果的で、マッサージの流れから、妻が久々に夫を受け入れるチャンスになるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セックスレスの最大の要因である、妻のストレス。

それを取りのぞいてあげて、優しい愛情をかけてあげることで、妻のセックス嫌いも解消され、また夫を受け入れてくれる日がくるのです。

  • 妻をいたわる
  • 妻ファーストのセックスを考える
  • コミュニケーション
  • スキンシップ
  • 手紙を書く
  • 一人の女性として見る
  • 男性としての自覚
  • 改築してみる
  • 食生活を見直す
  • 夫婦そろって運動する
  • リラックスマッサージ

関連記事