未分類

アソコの締まりが断然違う・・妻の膣トレで夜の営み大満足!

最近、妻とのセックスがちっとも良くない。

摩擦が少なすぎて、ぜんぜん感じないし、締まりが悪くて、射精に至らない・・

年齢とともに、射精障害になったのかと思いきや、実は、妻の側にも問題が?!それは、加齢による膣のゆるみ。 

女性も年齢とともに膣がゆるみはじめ、例えば、尿漏れを感じはじめたり、入浴後、膣からお湯が漏れだしたり、年齢によるさまざまな弊害が膣の締まりにも影響してきます。

でも、心配ありません。夫婦が協力し合って、膣トレにはげめば、膣のゆるみを改善することができるのです。

そこで今日は、

「アソコの締まりが断然違う・・妻の膣トレで夜の営み大満足!」

と題して、解説させていただきます。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」が、分かりやすくご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

 

膣トレで夜の営み大満足!

まずは、膣のゆるみの原因を解説しましょう。

膣がゆるむ原因

膣のゆるみは、女性のお股にある「骨盤底筋群」

いわゆるPC筋の衰えが原因。

PC筋は、膣のまわりにあり、重たいものを持ち上げたり、尿の切れ、便の切れなどに使われる筋肉群のこと。

わかりやすく言えば、アナルに力を入れる時に使う筋肉で、男性の射精コントロールにも使われる同様の筋肉。

加齢による、PC筋の衰え及び、膣のゆるみは、運動不足や生活習慣などが主な原因とされていますが、年を取るとともに避けてはとおれない身体変化でもあるのです。

 

膣が緩むとどうなる?

PC筋が衰えて膣がゆるんでくると、以下のような症状がではじめます。

  • 膣の締まりがゆるくなり、性生活に支障がでる
  • 中イキしなくなる
  • くしゃみや咳などで、尿もれする
  • お風呂のあと、膣からお湯がでる

 

夫婦でできる、ゆるまん診断

夫婦で協力しあって、膣のゆるみを確認してみましょう。

以下の項目で「YES」の場合は、膣がちつがゆるんでいる可能性があります。

  • 膣に指が2本以上入る
  • セックスの時、挿入している感覚がない、もしくは密着度を感じにくい
  • 立ったままの状態で、ローターを膣中にキープできない
  • おしっこを途中で止められない

 

膣トレメリットでレス解消

膣トレによる締まりの改善で、お互いに快感をえやすくなるので、セックスレスになりかけていた中高年には、再び燃え上がる機会が訪れます。

男性は、挿入時にペニスに絡みつく肉ひだや、ポルチオの弾力を思うがままに感じるようになり、亀頭、カリ首、陰茎のすべての性感帯で妻の膣圧を楽しめるようになるのです。

また、妻の側でも、夫のペニスがGスポットやポルチオに触れるたびに、歓喜の喘ぎ声をもらすようになるため、しばらく忘れかけていた、オーガズムにも達することができ、久々の中イキを体感できるようになるのです。

 

尿もれ改善にも

今まで、悩んでいた尿もれや、お湯もれもなくなり、恥ずかしい思いをすることなく、安心して生活できるようになるのです。

 

締まりと感度を改善する膣トレ方法

それでは、実際に膣の締まりを改善する、膣トレ方法をご紹介しましょう。

下半身を鍛える膣トレは、効果的にできるセックストレーニング。

PC筋を鍛えることにより、妻の膣の締まりを良くする以外にも、夫も参加すれば、射精コントロールや性欲アップにもつながる大変おすすめのトレーニングです。

 

スクワット

自宅でも簡単にできるスクワットは、いちばんおすすめの膣トレ。

スクワットで鍛えられる筋肉は、もも、もも裏、お尻の各筋肉を引き締めることで、直接的にPC筋の強化につながります。またどこでも気軽にできるので大変便利です。

 

 

ヒップリフト

ヒップリフトでは、お尻、もも裏、もも内側、腰、背中の筋肉が効率よく鍛えられます。

 

 

 

ゲーゲル体操

ゲーゲル体操は、中高年におすすめのPC筋トレーニングで、とくに膣の締まりを集中して強化できる筋トレです。

スクワットやヒップリフトほどハードではありませんので、夫婦そろって気軽にはじめることができます。

 

膣トレにおすすめのアイテム

フィジカルな膣トレにくわえて、専用の膣トレアイテムを使えば、夫婦でセックスを楽しみながら、トレーニングをすることができます。

ゲーゲル・ボール

 

【期間限定】膣トレはじめてセット(プレゼント付き)(K)
  • シンプルで、可愛らしいデザイン
  • 膣に入れるだけで、内部のボールが振動
  • 膣を刺激して、PC筋の強化に最適
  • 積極的に膣を締め上げたい人におすすめ
  • 安心の医療用シリコン使用

夫婦二人で、ゲーゲルボールを使う場合は、膣に入れたボールを男性が出し入れしてあげるだけ。

膣トレも行える上に、適度な快感も、妻と共有できますので、まさに一石二鳥。イチオシのアイテムです。

膣トレ・ローター

 

【SET】さくらの恋猫NUKUNUKU+人気ボイスおまけ(K)
  • 女性好みのかわいい色合い
  • 段階別に振動の強弱が選べる
  • 便利なリモコン付き
  • 膣トレと一緒に快感を得たい人におすすめ
  • 安心の医療用シリコン使用

 

電気で適度な振動を与えてくれるローター。

立った状態で、妻の膣にローターを挿入して、振動を加えながら、落とさないように膣に力を入れるトレーニング方法です。

上手にトレーニングできた後は、ご褒美に、膣中だけでなく、クリトリスや乳首なども、ローターで優しく愛撫してあげられます。

また、夫の出張中にも、妻一人で、膣トレできる優れたアイテムです。

膣トレの頻度と注意点

中年夫婦の膣トレは、膣周辺にあまり負担がかからない程度に抑えながら、行うようにしましょう。

万が一、身体的な痛みやケガなどがある場合には、直ちに膣トレを中断して、必要な場合は、医師の診断を受けてください。

膣トレの頻度については、スクワット、ヒップリフト、ゲーゲル体操などの身体種目は、週に3回が目安です。

また、アイテムを使った膣トレは、月3回から4回を目標に頑張ってみましょう。

どちらの場合も、夫婦の体調を確認しながら、無理のないようにするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように、夫婦が協力しあって膣トレに励むことで、思いがけず、二人の絆もより強いものになり、その結果、以前にもまして、セックスの回数も増え、お互いにホルモンバランスが調整されることにより、元気はつらつ、いつまでも若さを保つことができるのです。

愛のあるセックスこそ、健康の秘訣。さっそく膣トレに励んでみましょう!

公式サイト