セックスレス

嫁とセックスしたい人必見・妻が夫に抱かれたいと思う瞬間と仕草

嫁とセックスしたい人必見!

最近では、30代のセックスレスが深刻な問題となりつつあり、夫婦関係に思い悩む妻たちが急増しています。

妻にも性的欲求があって、抱かれたいと思う瞬間、何気ない仕草で、「夫に抱かれたい」と言うサインを出しているのです。

セックスとは、夫婦のコミュニケーション。円満な夫婦ほど、定期的なセックスの時間を大切にしています。

「うちは、まだ大丈夫」と安心していると、後で大変な目に合うことにもなりかねません。

30代の今こそセックスレス対策に取り組んで、明るい夫婦生活を築くことが大切です。

そこで今日は、

「嫁とセックスしたい人必見・妻が夫に抱かれたいと思う瞬間と仕草」

と題して解説します。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」が、ご紹介いたします。

 

関連記事

 

妻が抱かれたいと思う瞬間

妻画像

不意に抱きしめられた時

キッチンで不意に後ろから抱きしめられたり、ソファーで肩を抱かれたりした時に、妻は抱かれたいと強く感じるものなのです。

特に日常的にスキンシップが少なかったり、すでにレスぎみだと、不意に抱きしめられると「あぁ・・抱かれたい」と思うものなのです。

夫と体が触れた時

手をつなぐことはもちろん、何気なく肩がふれたり、ソファーで脚が触れたり、そんな時にも妻は、抱かれたいと感じるものです。

それは、夫に対する愛情と男として性的魅力を感じるから。また女は、髪をなでられたりしても、無性にセックスしたくなるものです。

エッチなシーンを見た時

映画やドラマなどで、ベッドシーンや濡れ場シーンなどを見た時に、妻は強烈にセックスしたくなります。

特にイケメン俳優だったり、男らしい体つきの俳優だと尚更。

また、女性は、過激なアダルトビデオよりも、ストーリー性のある恋愛描写に興奮するのです。韓流ドラマが女性に人気の理由です。

生理が終わってから排卵までの1週間

こちらは、定番のセックスしたくなる瞬間。この時期は、エストロゲンの分泌が増え、外的要因よりも内的要因によって、性欲が普段の4倍にも高まるのです。

中には、「一日中エッチなことを考えていた」などの女性からの報告もあるほど。また、排卵前は、女性のオナニー頻度が最も上がる時期でもあります。

この時期を逃さずにセックスに誘えば、間違いなく乗ってくるはずです。

お酒を飲んだ時

ほとんどの女性が、酔うと誰かに抱かれたくなります。

これは夫婦でも同じで、外飲み家飲み関わらず、夫と飲んで、そのままセックスにもつれ込むパターンはかなり一般的。

お酒を飲むと脳が活性化され、より多くの性的ホルモンが分泌されるため強烈にセックスしたくなる瞬間なのです。

シャンパン画像

寂しいとき悲しいとき

女性は、寂しい時にも誰かに抱かれたくなります。

例えば、親族が亡くなった時や飼っていたペットが死んでしまった時、恋愛映画のエンディングを見た時など、気持ちが黄昏たときに、抱いてほしいと強く思うものなのです。

ホラー映画を観た時

こちらは、対照的にホラー映画を観たときにも女性は、性欲を強く感じるのです。

女性の性欲と恐怖心は、脳の重複した部分で処理されるため、ホラー映画を観た時に性欲と似たホルモンが分泌されるのです。

また、ジェットコースターなど、ハイスピードのスリルに対しても、女性の性欲は、高まることが判明しています。

記念日のサプライズ

女性は、特別なイベントが大好き。

特に自分の誕生日や結婚記念日を夫からサプライズで祝ってもらうと、喜びも倍増。

女性が喜ぶと言う感情も性欲と近く、こんな時も女性がセックスしたくなる瞬間なのです。

妻がセックスしたいときの仕草

セックス画像

スキンシップが増える

大半の女性は、セックスしたくなるとスキンシップが増えるものです。

例えば、キッチンに立っているときに、背中や肩を触ってきたり、相づちを打ちながら、肩をたたいたり。

もしくは、運転中に夫の太ももにそっと手を乗せてきたり。寝ている時にも手をつないできたり。そういった仕草からも抱かれたいサインを出しているのです。

メイクや髪型が綺麗になる

妻がおしゃれになるのは、自己満足だけでなく、もっと異性に見てもらいたいから。

最近メイクが、派手になったり、マニキュアやペティキュアをきれいに塗っていたり。

髪型だって、パーマをかけたり、染めてみたり。女性がきれいになること、それは性的アピールの象徴。その仕草を見逃さないようにすることも30代レス対策のうちです。

おしゃれな下着をつける

妻が、セクシーなパンティーやブラをつけていたり、洗濯物にムラサキや赤の下着があれば、それは抱かれたいサインです。

女性の下着とセックスは、密接な関係があり、性的欲求の強い人ほど、おしゃれで派手目な下着を身につけるもの。それはいつ服を脱がされても、恥ずかしくないように備えている証拠なのです。

香水をつけるようになる

女性の放つフェロモンは、香水をつけることで一気に性的効果が倍増します。

それは、美しい花のように、男を香りで惹きつけて、性的交わりを促すのです。

もちろん当人は、そんな意識はありませんが、女の本能が抱かれたいフェロモンを香水に混ぜて、男の元へ運ぶのです。

笑顔が増える

人間が、異性を惹きつける手段として、笑顔の法則があります。

笑顔は、その人に好意があるからこそ出せる人間の本能。そして笑顔は、コミュニケーションのはじまりなのです。

普段忙しい夫婦でも、相手の笑顔から徐々に会話が弾んで、スキンシップへと発展していくもの。

妻が、いつも以上に笑顔を見せている時は、心が弾んで、抱かれたい気持ちでいる仕草なのです。

 

関連記事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように妻も女、時には無性にセックスしたいと思う瞬間があるものなのです。

しかしながら、現代の日本では、いまだ妻の側からセックスを迫る風潮がなく、妻の抱かれたい仕草に気付いてあげられないことが原因で、やがてセックスレスに陥り、夫婦関係がギクシャクしてしまうのです。

本日ご紹介した、妻の抱かれたい仕草やサインを見逃すことなく、定期的にセックスをすることで、30代からのセックスレスを回避することができるのです。ぜひお役立てください。