セックスレス

夫婦でできるポリネシアンセックスのやり方と体験談をご紹介

話題のポリネシアンセックス

夫婦やカップルのマンネリ対策やセックスレス解消に密かなブームになりつつあるます。

今日は、セックスレスでお悩みのみなさまへ、

「夫婦でできるポリネシアンセックスのやり方と体験談をご紹介」

と題して解説いたします。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」が、分かりやすくご紹介させていただきます。ぜひ、参考にしてください。

 

関連記事

 

ポリネシアンセックスとは?

ポリネシアンセックスとは、南太平洋のポリネシア諸島に古くから伝わるカップルの交わり方。

時間をたっぷりとかけて、パートナーとの性のエネルギーを交流させ、精神的な交わりを通じて、お互いの喜びを共有しあう特別なセックスのスタイルです。

ポイントは、挿入による激しいピストン運動での体の結合よりも、精神レベルでのつながりを重視している点にあります。

肉体を通り抜けて、精神レベルで結合されたカップルは、今まで経験をしたことがないほど、神秘的な快感を味わうことができるのです。

ポリネシアンセックスのやり方

ポリネシアンセックス

はじめの4日間は、ひたすら愛撫だけ

ポリネシアンセックスには、いくつかのやり方と簡単なルールがあります。

まず、第一に挿入は、5日に一回しかしてはいけません。

そして、挿入前の4日間で、お互いがどれだけ精神レベルで繋がれるかが、ポリネシアンセックスを成功させる上でとても大切になります。

具体的には、お互いの性器に触れることなく、約1時間かけてゆっくりと愛撫をします。

二人が見つめ合って抱き合いながら、キスや抱擁、身体のすみずみまで愛撫を施します。

局部以外の愛撫でしたら、足の裏や肩など、ありとあらゆるところをゆっくりと愛撫しましょう。

愛する者同士が、肌と肌のふれあいを楽しむ感じです。その間に、二人で会話を楽しんだり、見つめ合ったりすることも、大切な前戯の一つです。

この挿入なしの愛撫を4日間毎晩続けます。

いよいよ5日目、挿入の日

いよいよ5日目になりました。

まずは、前日と同じように、たっぷりと1時間以上かけて、お互いの身体を愛撫します。

この日は、性器への愛撫もオッケーなので、指や口をつかって、優しく愛撫を繰り返します。

もう、4日間も焦らした局部への愛撫ですので、この段階で、かなりオーガズムに近い快感を得ることができるようになります。

そして、いよいよ挿入です。

ポリネシアンセックスでは、挿入後30分は、ピストン運動をせず、結合したまま、お互いの目を見つめあって、愛を確かめ合います。

お互いの性器の形を記憶させるように、挿入したまま興奮を高めていきましょう。

そして30分たったら、ゆっくりとピストンを開始して、お互いにオーガズムまで昇りつめます。

40分ほど、ゆっくりとピストン運動を続けると、お互いの性エネルギーが最高潮に達してきて、今まで経験したこともないような快感と、幸福感が押し寄せてくるのを実感できます。

射精が終わったあとも挿入状態をキープして、お互いの血液の循環を確かめ合いながら、さらなる精神の繋がりを維持していきましょう。

ポリネシアンセックスの注意点

注意点としては、ポリネシアンセックスの前は、食事を控える事です。

その理由は、満腹になりすぎると性欲が、高まりにくくなるからです。

それとアルコール摂取も、なるべく抑えるようにした方が良いです。

おすすめは、週末の午前中

ポリネシアンセックスをするには、時間のある午前中にするのが効果的と言われています。

一般人でしたら、4日間は、平日の夜に愛撫と精神レベルでの結合。

そして週末の朝に、最後の挿入を楽しむ方法です。

また、ポリネシアンセックスは、集中力が大切になりますので、あらかじめ静かな環境を整えると良いでしょう。

静かなスピリチュアル音楽やベッド専用の香水などを使用すると、二人の性的エネルギーもグッと高まるようになります。

おすすめの体位

ポリネシアンセックス

お互いが、リラックスできる体位が一番です。

おすすめの体位は側位。

側位画像出典:ウィキペディア

お互いの目を見つめあいながら、足を絡ませゆっくりと挿入するのです。

基本、挿入や射精が、すべてではありませんので、激しいバックや騎乗位などは、ポリネシアンセックスには不向きです。

また、対面座位もおすすめの結合体位で、この体位では、女性の膣深くまで挿入しやすく、ペニスも長時間持続できるうえ、愛撫やキスもしやすくなるので、ぜひお試しください。

ポリネシアンセックスでセックスレス解消を!

ポリネシアンセックスは、体のまじわりをとおして、パートナーとの精神レベルでのつながりを目的にしているセックススタイルです。

したがって、はじめの4日間にたっぷりと時間をかけて、愛撫を施すことが大切で、その間にお互いの精神レベルを高めて、性のエネルギーをマックスレベルまで蓄えるのです。

特にポリネシアンセックスは、中年夫婦のマンネリ解消にも大変役立ち、倦怠期をむかえた中年夫婦や、まったくご無沙汰だった、セックスレス夫婦にとって、肌のふれあいの素晴らしさを思い出させ、精神レベルでの再結合を促すことに役立っています。

ポリネシアンセックス体験談

ポリネシアンセックス

桁違いの快感と幸福感 

ポリネシアンセックスを始めて2か月になります。

性エネルギーを高めるために今では、2週間に一度の割合でポリネシアンセックスを続けています。

4日間の愛撫で、お互いの愛情を確かめ合い、性エネルギーを最高潮に高めたのち、5日目の挿入では、今までに体験したことがないほど、下半身の奥深くから熱いエネルギーが沸き起こってくるのを感じました。

また、妻の身体からも強いエネルギーが発散され、それが私のペニスをとおして妻との間を循環しているのが実感できるのです。

まったく、今までに味わったことのない快感と幸福感で、夫婦そろって精神レベルでのエクスタシーを体験しています。(32歳会社員)

今までのセックスが、うそのよう

夫のすすめで、3か月ほど前からポリネシアンセックスをしています。

今までは、機械的なセックスが多かった夫も、ポリネシアンセックスにハマってからは、しっかりと愛撫をしてくれて、私の身体も気遣ってくれます。

そしてなにより、5日目に性器に触れられる時には、もうすっかり濡れそぼっている自分がいるのです。

体の芯から性エネルギーを感じて、指や口の愛撫だけで、何度もオーガズムを感じてしまいます。

挿入する時には、軽くイってしまうことも何度も。。

夫のペニスが、中に入ってきて、ゆっくりとしたピストンを始めると、体中を電流が流れたような快感を感じて、ペニスの先から性のエネルギーが発散され、私の体に充電されるような感覚になります。

それまでは、多忙な毎日が原因で、セックスレスになりそうなときもありましたが、ポリネシアンセックスを通じて、精神レベルでの快感と幸福感を得られるようになりました。夫とも円満な夫婦関係を維持しています。
(31歳主婦)

お互いの性器を形状記憶するような

ポリネシアンセックスをはじめて、そろそろ1年がたちます。

はじめのうちは、半信半疑でしたが、いままでのような、自分勝手なセックスとは違って、ポリネシアンセックスのゆったりとした愛撫に、今では、妻も大変よろこんでくれています。

ポリネシアンセックスの場合、まずは、精神レベルでのつながりを作り出し、そして結合。

けっして射精やオーガズムだけが、目的ではなく、なんと言いますか、性のエネルギーや愛の力を二人で醸成していくのです。

挿入して30分もジッとしていると、妻の膣がヒクヒクとざわめき出す感じがして、思わず快感が脳の奥まで伝わってきます。

そうしているうちに、お互いの性エネルギーが循環しはじめて、言葉に表せないような幸福感に包まれます。

ポリネシアンセックスに出会うまで、こんな感覚を経験したことはありませんでした。

いつも、日曜日の朝に結合を迎えるようにしていますが、毎回静かなそして清らかな精神レベルでのつながりを楽しんでいます。

ポリネシアンセックスこそ、円満夫婦を築くためのセックスです。
(45歳 男性)

ポリネシアンセックスのおかげで、夫婦円満に

私の浮気が原因でセックスレス夫婦になっていたのですが、妻へ誠心誠意謝罪して、近頃ようやく夜の営みを再開するようになりました。

ある時、五木寛之著「サイレントラブ」を読んで、ポリネシアンセックスの素晴らしさに出会いました。

はじめ妻は、浮気をした私に嫌悪さえ感じていましたが、私は謝罪のつもりもあって、誠心誠意、愛撫を繰り返してみました。

最初の何回かは、心の繋がりもありませんでしたが、二日目、三日目と愛撫を重ねるうちに、妻の身体が心地よく反応するようになったのです。

そして、五日目の挿入のころには、妻もすっかりと準備ができて、心地よく私のペニスを迎え入れてくれました。

浮気をして、他の女の中に入っていたペニスを優しい愛液で包み込んでくれたのです。

この段階で、妻も私も性エネルギーが、最高潮に達していたのですが、我慢すること30分。

妻の膣がヒクつきはじめ、そしてペニスの先にコリコリとした子宮口があたりはじめたのです。

二人は、ゆっくりとピストンをはじめ、私から妻へ、そして妻から私へ、性のエネルギーを循環させることに成功したのです。

二人は、果てたあとも、しばらく結合したまま、恍惚とした時間を共有しました。

ポリネシアンセックスのおかげで、壊れかけていた夫婦関係を修復することができました。(40歳 会社役員)

 

関連記事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポリネシアンセックスを経験してから、より幸せになれたカップルが、本当に多くいることが分かりますね。

ポリネシアンセックスのやり方は、

  1. はじめの4日は、性器にも触れず、ゆっくりとした愛撫を1時間。5日目は、性器も含めて全身の愛撫を1時間。側位での挿入後は、30分はそのまま。その後ゆっくりとピストンをはじめて性エネルギーを最高潮まで高めます。
  2. 満腹時や過度のアルコール摂取は、性欲が高まらないことがありますので、できるだけ避けるようにしましょう。
  3. 精神レベルでのつながりが目的とするポリネシアンセックスは、今まで経験したこともないような快感と幸福感を得ることが可能になるのです。

ポリネシアンセックスで、より良いセックスライフをお過ごしください。