体験談

女性のオナニーを目撃!自慰行為遭遇体験談

みんさんは、女性のオナニーを目撃したことがありますか?

例えば、家族のだれかとか、学校の友達とか。

そんな身近な人のオナニーを見たとき、あなたならどうしますか?

きっと興奮してペニスが、はち切れそうなほど勃起しまくるはずです。

今日は、

女性のオナニーを目撃!自慰行為遭遇体験談」

と題して、読者から寄せられた告白をご紹介したいと思います。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」がつとめさせていただきますので、ぜひ、お楽しみください。

 

関連記事

 

妻のオナニーを目撃した話

(鹿児島県 48歳男性)

オナニー目撃談イメージ動画イメージ

結婚して15年になる私たち夫婦は、もう長いことセックスをしていません。

妻は、今年で37歳。おとなしく控えめな性格です

わたしは、サラリーマンをリストラになった後、地方の空港で働いているため、毎日帰宅が午前零時ごろになります。

妻もパートで働いているため、最近は、いつもすれ違い。

それがセックスレスの原因でもあります。

ある日のこと、体調を崩した私は、めずらしく早退して、午後8時ころに帰宅しました。

その時、妻は風呂に入っていたようで、風呂場から、シャワーの音が聞こえます。

着替えに部屋に入ると、枕元に見慣れないモノが。。

それは、ピンクのローター。 

今しがた使ったばかりの様子で、乱雑な形で枕元に置いてあったのです。

わたしは、ちょっと意外な感覚を覚えました。

妻は、それまでにセックスなどあまり好きではなく、どちらかというと淡泊な方なので、まさかローターを使って一人でオナニーをしているとは、思わなかったのです。

私は、そのローターを手に取って、思わず臭いを嗅いでしまいました。

そして、久しぶりに股間が熱く硬くなったのです。

私は、洗濯ものをおきに風呂場のドアを開けてみると、妻はまだ入浴中でしたが、水の流れる音とともに、小さな妻の喘ぎ声をはっきりと聞いたのえす。

それは、シャワーをアソコに当てながら、おそらく指でいじっていると思われる妻の淫靡な声。

「あっ・・・・」

「ああっ・・・」

「うっ・・・」

「う~ん・・」

「ふっふっ・・・」

「はぁ・はぁ・はぁ・・」

私は、戸口に立ち止まり、バレないようにそっと耳を傾けていました。

見てはいけないモノを見た後ろめたさと、今まで感じたことのない興奮とで、私のペニスは、はち切れんばかりに勃起していたのです。

その後、妻の息づかいが、だんだんと早くなり、

「あああっ・・・」

「もっと、もっと、もっと・・・」

「ダメ・・・」

「イキそう・・イっちゃう~・・」

「イク、イク、イク~・・」

「あああ~・・・」

そんな声が聞こえてきて、妻がオナニーで果てるのがわかりました。

私は、いてもたってもいられなくなり、思わず風呂場のドアを開けて中に侵入したのです。

その時の妻の狼狽した顔。

見られてはいけないモノを見られた羞恥心。

私は、そんなことに構わず妻に襲い掛かると、しゃぶりつくように妻の乳房を口に含み、次いで、強引に妻の中にペニスを挿入したのです。

久しぶりの妻との結合。

先ほどから、さんざんオナニーで濡らしているので、妻の膣は、滴が垂れるほどヌルヌルだったのです。

私は、激しく腰を振りました。それに合わせて、妻も

「あっあっ・・・」

「イイ、イイっ・・・」

「はぁっ、はぁっ・・・・」

「ああっ・・ああっ・・・」

「もっと、もっと、もっと・・・」

「あなた、お願い、、もっとお願い・・・」

などと口走りながら、激しく腰を合わせてきたのです。

それまで、淡泊だった妻からは、想像もつかないほどの反応だったので、私は驚きとともに、衝撃的な興奮を感じたのです。

今度は、妻を立たせてバックから挿入、一層腰を強く打ち当てると、妻の膝はガクガクと震え、嗚咽にも似た喘ぎを発したのです。

「ああ・・あああ・・・」

「イイ、イイ、イイ・・・」

「イク、イク、イク、イっちゃう~・・・」

その瞬間わたしも、妻の中に大放出。

実に何年かぶりに、妻の肉ひだに大量の精液を流し込んだのです。

その日以来、セックスレスは解消され、妻と頻繁にセックスを楽しむようになりました。

ほんとうにあの日、あの時、妻のオナニーを目撃して良かったと思っています。

それまで、妻も性欲を我慢していたのかと思うと、申しわけない気持ちで、今では新婚に戻ったように、二人の結びつきを大切にしています。

 

 

お姉さんのオナニーに遭遇した話

(東京都 中学生)

オナニー目撃談イメージ動画イメージ

僕の家には、大学2年生の親戚のお姉さんが下宿している。

二階の僕の部屋とは、ドアを挟んで向かい側がお姉さんの部屋だ。

お姉さんは、夜遅くまで勉強をしているようで、夜中の3時ごろまで電気がついていることもある。

ある夜、僕がトイレに起きると、向かいのお姉さんの部屋では、まだ電気がついていた。

いつものように勉強でもしているのかと思ったけど、ふと耳を澄ますと部屋の中から、かすかに人が動く音が聞こえた。

「あっ・・・・」

「ああ~ん」

「ふう・・ふう・・・」

「う~・・・」

「気持ちイイ・・・・・」

などと、聞いたこともないような声が聞こえてきた。

僕は、思わずドアの外に立ち止まって耳あてて聞いていた。

すると、さっきの声が止まって

「ヤバい、見つかった?!」

と思う間もなくドアが内側から開いて、そこには、下着姿のお姉さんが。。

お姉さんは、「シーっ」と言うように、口の前に指をあて、そして僕の手を引いて部屋に入れてくれた。

そして、ベッドの端に座ると、枕元から何かを取り出して、股間にあてがったのだ。

それは、肩こりに使う、小さめの電気マッサージで、スイッチを入れると、「ブーン」とかすかに振動しはじめた。

お姉さんは、上目づかいで僕を見つめ、そしてマッサージを股の間に当てて、

「あ~気持ちいい・・」

「いま何してるかしっている?」

と聞いてきた。

中学2年生の僕には、お姉さんが何をしているのか分からないけど、何かエッチなことをしているのだけは分かった。

なぜならば、僕のオチンチンは、今まで感じたことが無いほど、大きく腫れていたからだ。

お姉さんは、片手をおっぱいにあて、片手でマッサージを股に当てながら、手を動かしている。

「ああ~・・・」

「気持ちがイイ・・・」

「よく見て~・・・わたしのオマ〇コを・・・」

そういうと、パジャマを脱いで、パンツも脱いで、裸の体を僕に見せつけてきました。

お姉さんのおっぱいは、大きく膨らんでいて、先っぽに小さなサクランボが付いていた。

そして下半身の方は、きれいに手入れされた毛も見える。

そこにマッサージをあてると、お姉さんの息づかいもだんだんと早くなってくるのがわかる。

「あ~イイ・・・・」

「とおる君、もっとみてぇ~・・・」

「わたし、こんなことしているの・・・・」

「気持ちいいの・・・・」

「誰にも言っちゃだめだよ・・・」

お姉さんは、そういいながら、

「あっあっあっ」

「イク、イク~・・・」

体をのけぞらせて一瞬硬直した。

その時、僕の体には、血液がドクドクと巡りまわって、心臓が早くなり、頭がクラクラしたのを覚えている。

次の瞬間、お姉さんは、僕の硬くなったオチンチンを手に取って、2、3回しごくと、先っぽから白い液体がドパッと出てきて、僕の頭も真っ白になってしまった?!

その日以来、夜中にたびたびお姉さんの部屋に呼ばれて、同じ行為を見せられて、その都度、僕はオチンチンから、白い液体を噴射しているのだ。

 

関連記事

 

嫁の自慰行為目撃談

(埼玉県 72歳)

オナニー目撃談イメージ動画イメージ

二世帯住居のわが家では、一階に我々老夫婦、二階に息子と嫁の若夫婦が住んでいます。

今年、34歳になるうちの嫁は、それはそれは器量の良い嫁で、その上ぽっちゃりとした日本美人。

我々の世代だと、吉永さゆり似と言ったところでしょうか。

私自身も、そんな若夫婦との二世帯住居を比較的楽しんでいたのです。

しかし、そんなある日、小包が届いていたので、若夫婦に届けようと、外階段から二階に上がり玄関をノックしても誰も出てきません。

「あれ?お昼までいたと思ったのに外出かな?」

と思いながら、念のためドアに手をあてたところ、カギがかかっておらず、すっと扉があいたのです。

それなら、小包を玄関口にでもおいておこうと、中に入り玄関において出ようとしたら、奥にある和室の襖が少しだけ空いていて、何やら人の気配が。。

「はて?嫁がいるなら気づきそうなものを?」

と思いながら、目を凝らすと、和室には、白い女の太ももが見えるのです。

そして、かすかにすすり泣く女の声が、、

「ああん・・・・」

「うっううっ・・・」

「いや~・・・」

私は、何事かと思い、玄関に上がりかけた瞬間、何やらモーターの音が聞こえて、その後、嫁のむせび泣きがひときわ大きくなったのです。

「もっと、もっと・・・」

「イイ、イイ・・・」

「あなたイイの、イイのよ~・・」

その声は、まぎれもない、嫁の官能の喘ぎ声だったのです。

はじめ私は、嫁と息子が真昼間から、まぐわっているのかと思い、まあ若い夫婦ならどこも同じだなどど、感心していたのですが、息子は、朝から仕事に出ているので、和室にはどうやら嫁一人のようなのです。

好奇心も手伝って、私は、玄関からそっと部屋にあがり、襖のすき間からのぞいてみると、そこには半裸の嫁がスカートをずらし、パンティーに手を入れる姿をはっきりと目撃してしましました。

しかも片手には、ピンク色のバイブレーターをにぎって。 

耳にはイヤホンを付けて、何かを聞きながら、昼間のオナニーを楽しんでいるのです。

「気持ちいい、気持ちいいのよ~・・」

「だめ、もうダメ~・・・」

「あ~イク、イク。イク・・・・」

嫁は、そのまま体を硬直させて、バイブを膣に突っ込んだまま、腰を高く持ち上げて一気に昇天したのでした。

しかし、問題はその後に。。。

オーガズムに達して、トロンとした嫁の目と、盗み見をしている私の目が細い襖越しにばっちりと合ってしまったのです。

私は、バツの悪さとすまない気持ちで、うつむいていると、驚いたことに、嫁は、私に向かって、手を伸ばしこちらに招きいれる仕草をするのです。

わたしは、おそるおそる部屋に入ると、嫁が口元に「シー」っというように指をあてて、そして、私のズボンのジッパーをおろし、久々に硬くなった私のペニスを口いっぱいにほお張ったのです。

そして無心に、しかも激しくフェラをしてきました。

次に私は、されるがままに、床に寝かされると、その上から嫁がまたがってきて、騎乗位で挿入されました。

嫁は、先ほどのオナニーの余韻が覚めないうちに膣の奥深くまで、私のペニスを飲み込んで、激しく腰を振り立ててきました。

「あ~、お義父さん、熱い・・・」

「大きいよ お義父さん・・・」

「イイ、イイ、すごく気持ちいいの・・・」

「突いて、もっと突いて・・・」

次第に嫁は、快感に昇りつめてきたようで、ひときわ激しく腰を打ちあててきました。

「イク、お義父さん、わたしイクの・・・・」

「イク・・イっちゃう・・ああ~」

そう叫んだ嫁は、私の上で一瞬体を硬直させて、オーガズムに達したのでした。

わたしも、もう何年もセックスなどしていませんでしたが、嫁のオーガズムを見届けた直後、下半身がむず痒くなってきて、嫁の中に一気に放出したのでした。

聞けば、昼寝から起きて、イヤホンで動画を見ているうちに、ムラムラと来て一人オナニーをしていたのだとか。。

バイブは、普段息子との情事に使うのを出してきて、動画を鑑賞しながら、楽しんでいたらしいのです。

それ以来、嫁と私は人には言えぬ、昼間の情事を楽しむようになったのです。

お陰で、ますます二世帯住居が楽しいものになりました。

セックスしたい?それならこれ!

これだけエッチな情報をインプットしたなら、さっそくセックスしたくなりますよね?!

そんな時には、マッチングがおすすめ。風俗よりもコスパがいいし、素人のかわいい女の子やエロい熟女が盛りだくさん。

上手くいけば、セフレにしてヤリたいときにいつでもできる関係にも。。AVなみの濃厚接触が期待できるのです。

登録は全て無料。しかも、はじめての人には、ボーナスポイントもついてくる!!

Jメールがセフレを作るのに最適な6つの理由

Jメールイメージ画像
  • 出会いを提供して30年以上の実績
  • 低料金設定
  • 恋活からエッチ目的まで幅広い
  • 積極的に関係を持ちたい女性多数
  • メルアド・電話承認なし
  • 登録無料

Jメール女性会員の特徴

  • 10代 = 15%
  • 20代 = 57%
  • 30代 = 24%
  • 40代 = 4%

派手めゆるふわ系、20代ヤリ盛り多数、セフレやりとも特化型

こんな人におすすめ

  • セフレがほしい人
  • 年下の女性とエッチしたい人
  • ともだち感覚で付き合いたい人

イメージ

公式サイトはこちら↓
ミントC・Jメール ≪18禁≫

エッチな体験談は、こちら

登録は、18歳を過ぎてから♪ 無料登録したら、年齢承認を忘れずに!優良サイトなので、承認が必要です。

初心者にワクメをおすすめする6つの理由

ワクワクメールイメージ画像
  • 初心者でも安心して使える
  • 10代、20代の女の子が多い
  • 積極的に出会いを求める女性が多い
  • 匿名性が高い
  • 最大2700円分のポイントがもらえる
  • 登録無料

ワクメ女性会員の特徴

  • 10代 = 9%
  • 20代 = 53%
  • 30代 = 19%
  • 40代 = 13%

恋活女子大生多数、経験浅いけど好奇心旺盛、出会い系初心者特化型

こんな人におすすめ

  • 恋愛に慣れていない人
  • まずは、ピュアな出会いからスタートしたい人
  • 若い女性と出会いたい人

イメージ

公式サイトはこちら↓ワクワクメール ≪18禁≫

エッチな体験談は、こちら

登録は、18歳を過ぎてから♪ 無料登録したら、年齢承認と携帯番号の承認を忘れずに!優良サイトなので、承認が必要です。

PCMAXをおすすめする6つの理由

PCMAXイメージ画像
  • 安全性・信頼性が高い
  • 幅広い年齢層と出会うことができる
  • エッチな出会いを積極的に求めている
  • 不倫願望のある既婚女性多数
  • 登録完了時100ポイントプレゼント
  • 登録無料

ピシマ女性会員の特徴

  • 10代 = 10%
  • 20代 = 54%
  • 30代 = 24%
  • 40代 = 10%

明るい派手め系女子、エッチ盛りの女性多数、婚外恋愛特化型

こんな人におすすめ

  • 幅広い年齢層の女性とワンナイトを楽しみたい人
  • 既婚女性とワケアリな関係を持ちたい人
  • 時間をかけずに即出会いたい人

イメージ

公式サイトはこちら↓
ピーシーマックス(18禁)

エッチな体験談は、こちら

登録は、18歳を過ぎてから♪ 無料登録したら、年齢承認と携帯番号の承認を忘れずに!優良サイトなので、承認が必要です。
  • どのサービスも登録無料ですので、ボーナスポイントをしばらく使ってみて、自分に合った出会い系を見つけることをおすすめします。
  • 必勝法は、検索項目でセフレや不倫浮気よりも、メッセージ交換、友達遊び相手、恋人探しからの方が、実は出会える確率が断然高くなることを覚えておきましょう。
  • 少し払う気になれば、今からでもすぐにヤレる。しかも風俗よりも確実に安いし100%楽しい。