セックスレス

嫁に魅力がないと思う瞬間と対処法

妻だけED?!

最近はやりの言葉に「妻だけED」や「妻だけレス」と言うのがあります。セックスは、したいけれども妻だけには、性欲がわかない。

また、面白いコミックエッセイに「妻がオッサンになりました」など、妻に魅力を感じない男性が急増中。いったい夫婦に何が起きているのか?何が問題なのか?

そこで今日は、

「嫁に魅力がないと思う瞬間と対処法」

と題して、解説させていただきます。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」が、読者からの意見に答える形でご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

 

関連記事

 

妻だけレス?嫁に魅力がないと思う瞬間と対処法

妻魅力ない瞬間イメージ動画

イメージ

太ってブヨブヨ

結婚する前までは、それなりにいい体だったのに、結婚して子供を産んでからは、腹がブヨブヨに。かつては「かわいいよ」「きれいだ」なんて歯の浮くようん事を言った覚えもあるけれど、今の太さでは到底魅力を感じるどころではない。太い胴回り、プルプルの二の腕、下手するとこっちがやられそうな雰囲気。 (36歳 会社員)

対処法

この場合は、ダイエットなり、エクササイズなりを一緒にはじめてあげることです。新しいことにチャレンジするのは、誰でも勇気がいることです。そこを夫がサポートしながら、取り組むことで、妻も目標に向かって動き出せるわけなのです。

家も外も同じ服装(ジャージ、スウェット)

基本、専業主婦だから、ほとんどの時間を家で過ごしている。すると朝着替えたら、一日そのままの服装。時には、パジャマも同じなどと言う場合もある。たいがいはスウェットの上下(なぜかピンク)かジャージ姿。腹がゴムだから、お菓子をたくさん食べても大丈夫。色気のイの字もありませんよ。 (39歳 技術職)

対処法

たまには一緒にショッピングに出かけて、奥さんの洋服を選んであげることも必要なこと。人は、見てくれる人がいないから、「なんでもいいや」という気持ちになるもので、夫が妻の服装を気に掛けるようになると、少しはしゃれっ気が戻るものなのです。

靴下を丸めておいてある

食後、テレビを見にソファーに座ると、そこには必ず妻の靴下が。しかも丸めてすき間に埋め込んである。手が触れてつい引っ張り出した時のあのおぞましい感覚。ちょっと怒りも感じる瞬間です。子供や夫にはあれほど、文句を言うくせに自分がこれでは、示しがつかないですよ。思わずゴミ箱にポイしたくなる。  (41歳 自営業)

対処法

この場合は、ごくさりげなく「これ、洗濯機に入れとくね」と言えば、妻も悪いと思うものです。この行為を数回繰り返すだけで、たいがいは改善されるものです。忍耐を持って取り組みましょう。

食後ダイニングで寝入る

確かに家事育児で疲れているのは分かるけど、食卓で寝入るのはどうかと思いますね。しかもまだこちらは、ご飯を食べているときに先に食べ終わったからと言って、対面でコックリコックリ。その上、白目をむいたり、上を向いて口を開けたり。家族団らんもありません。あの時程、妻にゲンナリとする瞬間はありませんよ。 (34歳 会社員)

対処法

食後、急激な睡魔に襲われるのは、血糖値の乱高下が原因である場合が多く、対策としては、糖質制限をすることや、野菜を先に食べて、血糖値の上昇を抑えるなど。もしくは、夕食の時間を変えて、食後すぐに寝るなどの対策をとってみてはいかがですか。

一日中すっぴん

たまの休みに、すっぴんならまだしも、毎日毎日化粧もしないのでは、妻の魅力など感じるものではありません。確かに家から出ないなら化粧の必要はないとは思いますけど、最近では、ゴミ出しやちょっとした買い物のときも平気ですっぴんで出かけます。ちょっとさみしい気持ちになりますね。 (35歳 公務員)

対処法

この場合は、もっと積極的に外に出るようにすれば、必然的に化粧をするようになるはずです。例えば週末の外出や習い事、子供の学校行事など、他人と会うから化粧をして身ぎれいでいたいと言う状況さえ作れば、おのずと化粧をするようになるものです。

鼻毛

毎日、鏡で自分の顔をながめているなら、せめて鼻毛くらいは手入れしてほしいです。ついうっかりならまだしも、はっきりと鼻毛と分かると女の魅力など感じるどころではありません。でも、鼻毛ってデリケートゾーンだから直接妻には言いにくいし。。しかしそのまま放っておくのもしんどいし。なんなら、私の鼻毛カッターを使ってもよいので、手入れをしてほしいですよ。 (40歳 会社員)

対処法

デリケートな話は、メールでそっと伝えるのが一番。何かの件でメールのやり取りをして、そのついでに「そういえば、ちょっとお鼻の毛がきになりますね。。」的に伝えれば、よほど鈍感な女でないかぎり、気をつけてくれます。それでも効果がない場合は、無言で鼻毛カッターをプレゼントするまで。

靴のかかとを踏んで歩く

帰宅すると玄関にかかとを踏み潰したスニーカーが。。娘に文句を言うと、「それ、お母さんの!」と言い返された。あのね、中学生じゃないんだから、靴ぐらいちゃんとはいてよ。それでなけりゃサンダルとか下駄とか他にはくものあるでしょ。それから、歩くときにかかとを擦ってあるくのもやめてほしい。なんだか身持ちの悪い女みたいで、魅力ゼロ。  (42歳 会社経営)

対象法

こちらも、一緒にショッピングに行って、妻に似合ったはきやすいサンダルを買ってあげれば良いのです。旦那に買ってもらったサンダルなら、得意になってはいてくれるでしょう。その上で、スニーカーのかかとを踏むのは、だらしなく見えるし、子供にも良くないからやめましょうよと、伝えてみましょう。

いびき

深夜、お隣さん(妻)のいびきで目が覚めることがしばしば。確かに仕事で疲れているのは、理解します。しかしその音たるや、自分のいびきよりも大きいのでは?と思えるほど。地響きまでしています。しかも、往復いびき&唇プー。働かなければいけない家庭環境で、すまないなと思う反面、恋も冷めるよ。。という気持ちを感じます。ゴメンね、ホントに。。(44歳 自営業)

対処法

いびき対策には、鼻チューブや専用の枕を使用することで、ある程度は改善されます。失礼ながら、本人にも伝えて対処を促すべきでしょう。いびき関連のグッズは、通販でもたくさん選べますし、いざとなれば、専門のカウンセラーもいますので、相談してみることです。

下着がダサい

肌色下着イメージ動画

イメージ

何気なく洗濯物を見ると、目に入るのは妻のダサいパンツ。無地ベージュか、シミが気にならない無地黒。柄は一切なし。たぶん安いのだろうなと思いながらも、でもそこまで、困窮した生活はしていないとも思うのだが。見えないからいいと思っているのか。結婚前までは、それなりに気の利いた下着を着けていたと思うけど、最近では、まったく妻に魅力を感じませんね。 (35歳 会社員)

対処法

「気にされないから気にしない」のごとくで、セックスの回数が減ると、女性も下着などなんでもよくなるのです。そんな時には、通販サイトで一緒に選んであげるとか、もしくは、自分で選んでプレゼントしてあげるなど、下着に対する男性の趣味を少し伝えてあげると良いでしょう。

マン毛ボーボー

陰毛イメージ動画

イメージ

久々に夜の営みに誘ってみたものの、あのマン毛ボーボーには閉口させられますね。確かにこちらも気が向いたときしかしないから、手入れの必要もないと思っているのかもしれませんけど。妻のマン毛は剛毛なので、伸びっぱなしにすると、密林状態ですごいことになるのですよ。結婚前までは、きれいに脱毛をしていたようですけど。最近はダメですね。性欲もわきませんよ。 (30歳 会社員)

対処法

こちらも「気にされないから気にしない」の表れで、夫婦の夜の営みが少なくなると、どうでもよくなる、もしくは面倒くさくなるものなのです。そんな時には、勇気を出して、アンダーヘアのお手入れを手伝ってあげると良いでしょう。女性の陰毛処理は案外と大変な作業。鏡をあてながら抜いたり剃ったり。そこを旦那が手伝えば、新鮮なセックスプレイにもなるのです。詳しくは、関連記事を参照ください。

妻の魅力を取りもどすコツ

キスイメージ動画

イメージ

結婚生活を続けていると、このように妻に魅力を感じない瞬間がいくつもあり、それが原因で、セックスレスや不仲になったりするものなのです。

最後に妻の魅力を取りもどすためのコツをいくつかご紹介しましょう。

直訴して怒らせるのは得策にあらず

妻に魅力を感じないからと言って直訴して、怒らせたり失望させることは得策ではありません。それよりも、一緒にダイエットに取り組むとか、ショッピングに付き合うなど、間接的な方法で訴えることをおすすめします。

女性として扱う

結局のところ、女性は花と同じ。よく見て褒めてあげるときれいに咲くものなのです。ですので、美容院に行ったときや、真新しい衣服を身につけているときなどには、さりげなく褒めることが大切です。そうすることで、女性として扱われている喜びを感じるものなのです。

最初は、我慢してヤル

セックスをしなくなると、女性ホルモンの分泌が悪くなるため、ますます悪循環に陥りやすくなるのです。そうなると、美容もおろそかになり、だらしない生活習慣を繰り返すようになるのです。そうならないためにも、はじめは我慢して風呂敷かぶせてでも、魅力のない妻とセックスを繰り返すのです。これはある種の「荒行」ですが、2度3度と繰り返すと、そのうち良くなりますし、妻も女性の自覚を取りもどすというものなのです。

第3の選択肢

ここまでやっても、妻に女の魅力が戻らない場合には、第3の選択もやむを得ないでしょう。子供がいて離婚まで考えていない場合には、上手く妻からの「外で遊んできてもいいのよ」のお墨付きをもらえば、適当に遊んでも許されるのではないでしょうか。

第3の選択肢に関しては、別記事を参照ください。

まとめ

確かに「妻だけED」や「妻にだけレス」なる言葉がはやるほど、女を辞めてしまったかのような、魅力のない奥さん連中が増えている世の中です。

しかし、だからと言って一度であきらめてしまっては、なんのための夫婦なのか分かりません。お互いに影響し合ってこそ、より良い夫婦関係が築けると言うものなのです。

また、男性の方でも、いつも魅力のある姿をキープして、妻の期待に応える努力が必要です。

 

関連記事