体験談

マッチングアプリで寂しい未亡人とエッチな体験談in浦安

未亡人という呼び名には、なにか特別なエロさを感じるご同輩も多いことだろう。

黒い喪服に黒いパンスト。最愛の夫を亡くして、青白く憔悴しきった悲しみの表情。

寂しいのは、心だけではない。未亡人の熟れたカラダも、また夫を忘れることができないまま悶々とした日々を過ごしているのである。

昨日まで、あれほど燃えた夫婦の営みが一生できなくなるのだから無理もない。実に気の毒な話だ。

しかし、そんな心とカラダの葛藤をマッチングアプリで満たそうとする未亡人が、最近徐々に増えていることをみなさんはご存知だろうか?

隠しきれない寂しさ。抑えることのできない欲望。だれかに抱かれたくて、眠れぬ夜を過ごす日々。そんなときにフッと思いつくのがマッチングアプリ。

マッチングアプリで、見ず知らずの男と出会って寂しいカラダをワンナイトで満たす。

男にとっても、未亡人とまぐわるときの背徳感といったら、他では味わえない格別の興奮をもたらしてくれるものなのだ。

今回出会った女性も、そんな寂しい未亡人の一人だった。

今回は、

「マッチングアプリで寂しい未亡人とエッチな体験談in浦安」

と題して、夫を亡くした寂しい未亡人・J子とまぐわった背徳的性行為についてお話ししよう。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにく」がつとめさせていただくので、最後までお付き合いいただきたい。

 

関連記事

 

マッチングアプリで寂しい未亡人とエッチな体験談in浦安

未亡人イメージ動画イメージ

今回出会った女性のプロフィール

  • 名前: 未亡人・J子
  • 年齢: 38歳
  • 好きなこと: 仕事、お酒、M系プレイ
  • 見た目: タレントの安めぐみ似。バスト87cm、Eカップ

いつものように使い慣れたマッチングアプリで女性のプロフィールをチェックしていると、明らかに他とは一線を画すハンドルネームが目に飛び込んできた。

「未亡人・J子」

そのネーミングだけでも、淫靡なフェロモン臭が漂ってきそうだ。

興味をそそられた私は、さっそく「いいね」を送る。

数日後、「未亡人・J子」から「いいね返し」が送られてきた。

これはラッキーである。返信があるという事は、相手も私に興味がある証拠だ。

以下、「未亡人・J子」とのメールのやり取りをダイジェストでご紹介する。

「こんにちは。いいね返しありがとう。プロフのとおりオジサンだけど、よろしくね。」

「こちらこそ、よろしくお願いします。プロフの写真が亡くなった主人に似ていたものですから、なんとなく気になりました。」

「それはお気の毒さまです。旦那さんおいくつだったのですか?」

「1年前に交通事故で亡くなった日が、ちょうど40歳の誕生日でした。けど、その日は出張に出かけると言って、本当は、不倫相手と泊りで浮気旅行に出かけていたんです。その途中、多重事故に巻き込まれて、即死でした。。。」

「えっ、という事は、不倫相手と一緒に亡くなったのですか。。」

「そうです。きっと罰が当たったんだわ。亡くなった女性にも気の毒だけど、私のことをだまして社内の女に手を出すなんて、死んだ今でも許せないのです。あれほど私のことを愛していると言ってくれていたのに。。」

聞けば、亡くなった旦那さんは、大手銀行に勤める中堅管理職だったそうで、不倫相手はその部下。亡くなる半年前ころから、関係が続いていたそうだ。

夫婦には、子供はおらず「未亡人・J子」は、都内の広告代理店で企画関連の仕事をしているバリバリのキャリアウーマンらしい。

結婚してから10年経つが、子供の無い二人は、まるで恋人同士のような夫婦関係を続けていたと言う。

そんな仲良し夫婦だったから、夜の営みも人並み程度には、楽しんでいたらしい。

「わたし、裏切った主人に復習したいのです。私が他の男性に抱かれることで、主人との関係を対等にしたいと思ったのです。」

「なるほど、お互い様ということで、不倫の末亡くなった旦那さんのことを許してあげたいと考えているわけですね。」

「そのとおりです。最近になってマッチングアプリに登録して、それらしい人と会ったりもしましたが、どの方もピンとこなくて。それに年上の紳士的な方も少なくて、そんなところに、ご連絡をいただいたのです。プロフの内容からも人生経験が豊富で、信頼できそうだし、紳士的な方だろうと思ったので。それにプロフ写真が亡くなった主人に似ていたものですから。。」

「それは、光栄です。たまには年を食ってて得することもあるものですね。J子さんとこうしてアプリで知り合うのも何かの縁です。わたしで良ければ、何かお役に立てることはありますか?」

「あの・・」

「はっ?」

「あの・・実はですね。自宅に来てほしいのです。」

「自宅ですか?」

「はい、先ほど申し上げたよう、部下と不倫をした主人に心底復習したいと思っているのです。だから自宅にある主人の位牌の前で、他の男性に抱かれる必要があるのです。」

(わたしは、J子からの唐突な依頼にスマホを落としそうになった。。)

「いくら経験豊富なおじさんでも、旦那さんの位牌の前ではしたことがありませんが、、、いいでしょう。J子さんの力になれるなら、その気持ちをかなえてあげましょう」

「ほんとですか。ありがとうございます。これで、不倫した主人とも対等になれます」

位牌の前で、未亡人と背徳的エロ行為

未亡人イメージ動画イメージ

と言うわけで、翌週の土曜日の夕方に「未亡人・J子」の住む浦安の自宅に出向いた。

この辺りは、東京湾も近い住宅街である。通り抜ける風も潮の香りが漂う。

あたりは夕暮れどきで、うっすら暗くなりはじめている。この暗さなら、一人の男が未亡人宅を訪ねても、気が付く人も少ないだろう。

アプローチをくぐって玄関のチャイムを鳴らすと、すぐに中から黒っぽい服装の「未亡人・J子」が現れた。

はじめて会う「未亡人・J子」は、すこしポッチャリしているものの、タレントの安めぐみに似た、なかなかグラマーな美人である。

挨拶をすませ居間にとおされるとすぐに黒い仏壇が目に入った。

「こちらですか、ご主人のお位牌は?」

未亡人・J子は、黙ってうなずく。

わたしは、すぐに手を合わせてお祈りをした。仏壇には、生前の旦那の遺影が飾ってあった。確かにわたしに似ている。。

遺影の中のJ子の旦那は、自分自身が不倫中に事故死するなどとは、思ってもいなかっただろう。

ふいにわたしの背中に「未亡人・J子」が顔をうずめ、静かにすすり泣きをはじめた。

「憎いんです。部下と不倫なんかして死んでしまった主人が憎くて憎くて、許せないのです。。」

「それでも、あの人のことが忘れられなくて、、わたしを見つめる眼差し、握る手のぬくもり、抱きしめられたときの安堵感、そして熱く貫かれたときの快感までもが、どうしても忘れることができないのです。」

「だから・・だから、お願いです。あの人の前で抱いてください。あの人のことを許して、そして自分をリセットするためにも、再びわたしを女にしてください。」

未亡人・J子は、激しく泣きながら哀願するように、わたしに訴えかける。

わたしは、向き直り、未亡人・J子をきつく抱きしめた。

「大好きだった旦那さんに裏切られて、さぞかしショックだったのですね。しかも、今でも旦那さんのことが忘れられない。可哀そうなJ子さん。でも、亡くなった方を憎しみ続けるのでは、意味がありません。あなたにも将来があるのです。だから今夜もう一度女としての自分を取りもどして、新たなる出発点に立ちましょう。」

そういうと、わたしは仏前に立ったまま「未亡人・J子」の唇を強く吸った。

唇を重ね合い舌を絡ませながら、未亡人・J子の女としての存在意義を確認させたかったのだ。

位牌の前で背徳感を感じながらも、二人はしばらくの間、ねっとりと舌を絡ませ続けた。

ふいに未亡人・J子の口から甘いため息がもれる。

未亡人・J子の首筋に唇を這わすと、もう一年以上も男を知らない濃厚なメスのフェロモン臭が鼻先にとどく。

その瞬間、わたしの欲望にもスイッチが入り、黒服のJ子を押し倒すと、乱暴に乳房を揉みしだいたのだった。

87センチEカップの未亡人・J子のバストは、溢れんばかりの欲求に、はち切れそうになっている。

黒服のボタンをはずすと、胸のすき間から黒いブラジャーがのぞく。フロントの部分がシースルーになった大人の色気を感じさせるブラだ。

わたしは、荒い息づかいで未亡人・J子の胸の谷間に鼻先をつけ、熟れた女の匂いを胸いっぱいに吸い込んだ。

ブラから、乳房を露出し乳首を一気に口に含むと、未亡人・J子の口から熱い喘ぎ声が漏れはじめた。

「あ・・ああ・・こんなこと・・」

「身も心もわたしに任せてください。あなたの悲しみを今日限りでリセットしましょう」

黒服の前をはだけさせて、J子のEカップを完全に露出させると、片手でおっぱいを揉みしだき、もう一方を唇に含んだ。

まずは、舌先で乳首を円形になぞったあと、少し強く乳首を吸う。片方の手では、乳腺にそって下から上に乳房を大きく揉みしだきながら、未亡人。J子の性感帯をさぐる。

「ああ・・主人以外の男性に抱かれるなんて・・」

J子は、仏壇の遺影を見つめながら、徐々に押し寄せる快楽の波に身を任せようとしているのだった。

旦那のペニスが忘れられない未亡人

未亡人イメージ動画イメージ

わたしは、起き上がると未亡人・J子の前に仁王立ちになり、硬くなりはじめたペニスを露出した。

未亡人J子は、少し躊躇しながらも、亀頭を口に含みリズムをつけながら次第にペニスの根元まで深々と口に含んだ。

「旦那さんにも、いつもしていたのですね」

「彼もわたしのフェラが大好きだったんです。ああ・・思い出すわ・・あの人のことを。。」

ペニスを咥える未亡人・J子の口からは、卑猥な音が漏れはじめる。

わたしは、仏前であることを意識しながら、J子の頭を押さえつけて深々とイラマチオをさせてみた。

「ゴホッ、ゴホッ・・ウウ・・」

亀頭の先が、J子ののどに当たって、ペニスの先端から、えも言えぬ快感が走る。それに未亡人・J子の苦しそうに歪む表情も、男の性欲をさらに加速させる。

「どうですか?旦那以外のペニスの味は?美味しいですか?」

「ああ・・もっと・・もっとください・・熱いペニスをJ子にください・・」

抑えていた性欲が思わず溢れ出す

未亡人イメージ動画イメージ

黒服のスカートをめくると、黒いパンストに包まれたJ子の下半身をあらわになった。

黒いパンストに黒いTバックが、未亡人をさらに妖しくなまめかしくさせる。

未亡人・J子を四つん這いにして、黒いストッキングを引き裂き、白く熟れたJ子の桃尻を手の平で叩いた。

ピシッ、ピシッ、ピシッ

はじけるような肌の音が小気味よく部屋の中をこだまする。

「あ・あ・・ああ・・」

「痛いですか?痛いのはあなたが生きている証拠です」

叩いている尻の部分が、次第に赤くなってくる。裂けたパンストからのぞく熟れた女の尻は絶景である。

黒いTバックに包まれJ子の膣の部分を親指でグリグリと押してみると、そこはすでに女の愛液が漏れはじめ、湿り気をおびている。

「ああ・・そんなところ・・恥ずかしい・・」

「恥ずかしい?でもこんなに濡れているではないですか?しかも旦那さんのご仏前で・・」

なおも、指をグリグリと動かすと、膣の先端に小さな突起物を見つけた。そこも親指の腹で、Tバックの上から強めに押してみる。

「あ・・そこは・・そこは・・・」

「ここがどうしたんですか?これは何というのですか?答えないと帰りますよ。」

「ああ・・いじわる・・・・」

「さあ、はやく言ってごらんなさい。」

わたしは、尻を叩きながら、J子を言葉責めにする。

「・・・クリ・・クリトリス・・・」

「気持ちイイのですか?ここが?」

「はっ、はい。もっと・・もっとしてください。」

「このようにですか?」

そういうと、わたしは指の動きを一気に加速させて、未亡人・J子のクリトリスを強くこすった。

「あ・・ああ・・あああ・・・イイ・・イイ・・」

未亡人・J子は、相当に性欲がたまっていたせいか、これだけの愛撫ですでにイキそうになっている。

熟れた女のマン潮は、万年長寿の源

未亡人イメージ動画イメージ

Tバックを脱がせて、未亡人・J子のヌレヌレまんこに指を挿入すると、水風船がはじけたように大量の愛液が溢れ出してきた。

背後から、指を入れて、中をかき回す。

「あ・あ・・ふう・・あああ・・・」

一年以上もペニスを咥えていない未亡人のおまんこは、締めつけがきつくなっている。わたしは、指マンを続けながら、おまんこ全体を膣マッサージで丁寧にほぐした。

ちょうど膣中の上の方にザラザラした感触が伝わり、それが次第に数の子のように硬くなってきた。

Gスポットだ。

はじめは楕円を描くように、ゆっくりと愛撫する。

「ああ・・そこ・・そこもイイ・・」

次第に奥から手前に強弱をつけて、指を動かす。

「ああ・・感じる・・感じる・・お漏らししそう・・・」

J子の快感も高まってくる。

「あ・・ああ・・あああ・・・ダメ・・ダメ・・漏れる・・漏れる・・」

最後は、中から水を掻き出すように、強めに指を動かす。

「ああ・・イク・・イク・・・イっちゃう・・イっちゃう・・・」

と同時に未亡人J子のおまんこから、透明のマン潮が吹き出してきた。

わたしは、すかさずJ子の股の間に滑り込み、膣口に唇をつけて、湧き出すマン潮を飲み干した。

熟れた女のマン潮は、万年長寿の秘薬。これを飲めば、男のパワーとスタミナを得ることができるのである。

「ああ・・いやだ、そんな恥ずかしいこと・・・」

「・・・でも、J子さんのマン潮、とても美味しいよ。」

そのまましばらくクンニを続けて、未亡人・J子のおまんこをきれいに舐めあげた。

 

関連記事

 

位牌の前で未亡人に中だし

未亡人イメージ動画イメージ

「そろそろ、熱い肉棒が欲しくなってきたのではないですか?」

「ああ・・お願いです。硬いペニスでつらぬいてください。」

わたしは、仏壇の前のソファーにすわると、背面座位で未亡人・J子の中に挿入した。

まるで、死んだ旦那に見せつけるように、J子の黒く茂ったおまんこをパックリと開いて、熱いペニスを深々と挿入したのだ。

奥まで入れると、ペニスの形状を記憶させるように、しばらくジッと動きを止める。

しかし、その間も後ろから手を回して、J子のクリトリスをV字に開いて、指でこねくりまわした。

「あああ・・あなた・・ごめんなさい・・」

J子は、そう言いながらも自ら腰を振りはじめて、わたしの硬いペニスを感じていた。

「ああ・・J子の不倫を見て・・こんなに淫らな私を・・」

「あなたと同じ、硬くて、太くて、熱いペニスが私の中に・・・」

未亡人・J子は、そう言いながら、憑りつかれたように自ら激しいピストンをはじめる。

しばらく、背面座位で挿入したあと、そのまま前に倒して、バックの体制からなおも突きまくる。

出し入れする黒いペニスが、J子の愛液でテラテラと光っている。

バックから深々と挿入するペニスの先端がポルチオに当たって、最高の快感を与えてくれる。

それに、未亡人・J子のおまんこは、ひさびさのペニスを咥え込んで、ギュウギュウと締め付けてくるのだ。

未亡人・J子も中で感じているようで、快感のあえぎ声が一層高まってきた。

「ああ・・・奥が・・奥が気持ちイイ・・」

「ああ・・また・・また・・キタ・・」

「あ・・あ・・イク・・イク・・・イク・・・・」

そう叫ぶと、未亡人・J子は、バックの体位から二度目のオーガズムに達したのだった。

荒い息づかいを整えつつ、未亡人・J子を仰向けにすると、脚をM字開脚に開き、再び結合。

亀頭の先がGスポットに擦れるように、入れる時には力強く上を突き、抜く時にはカリ首が膣壁に擦れるようにピストンした。

未亡人・J子は、心もカラダも完全にイキモードに入っている。

最後は、正常位で、かっちりと結合すると、長く大きなストロークでピストン。

「あ・・ああ・・あたる・・上にあたる・・気持ちイイ・・もっと強く・・・」

「もっと・・もっと・・ああ・・熱いペニスをもっと・・・」

「あ・・ああ・・イク・・イク・・もうダメ・・ダメ・・イちゃう・・あああ・・」

ひときわ高いあえぎ声をあげながら、未亡人・J子は、三度目のオーガズムに達したのだった。

それを見届けた私は、マグマのように溢れ出る熱い精液を未亡人・J子の子宮めがけてドッと放出した。

未亡人・J子は、一瞬「ヒイッ」と声をあげ、ドクドクと流れ出る熱いスペルマに酔いしれたようにカラダを脱力させた。

未亡人と、はじめてする仏前での性行為は、崇高な古代宗教の儀式のようで、実に神秘的であった。

ことが終わってしばらくすると、未亡人・J子は仏前に座り、

「あなた、これでおあいこです。これからは、私の人生を前向きに生きて行きます。ずっと見守っていてください。」

そして私に向かって

「今日、再び女であることを思い出させていただきました。本当にありがとうございます。今日から自分をリセットして、前向きに生きて行きます。」

と言うと深々と頭を下げたのだった。

その後、未亡人・J子と会うことはないが、ある日LINEで「今、私恋をしています。相手は二つ下の同じ業界の方です。あの時、お世話になったおかげです。」とのメッセージを受け取った。

未亡人・J子は、女としての自信を取りもどして、また新たな道を歩みはじめたというわけだ。

マッチングアプリでは、時としてこのような思いがけない出会いもあるものなのだ。たまには人の役に立つことも悪くはない。

セックスしたい?それならこれ!

これだけエッチな情報をインプットしたなら、さっそくセックスしたくなりますよね?!

そんな時には、マッチングがおすすめ。風俗よりもコスパがいいし、素人のかわいい女の子やエロい熟女が盛りだくさん。

上手くいけば、セフレにしてヤリたいときにいつでもできる関係にも。。AVなみの濃厚接触が期待できるのです。

登録は全て無料。しかも、はじめての人には、ボーナスポイントもついてくる!!

Jメールがセフレを作るのに最適な6つの理由

  • 出会いを提供して30年以上の実績
  • 低料金設定
  • 恋活からエッチ目的まで幅広い
  • 積極的に関係を持ちたい女性多数
  • メルアド・電話承認なし
  • 登録無料

Jメール女性会員の特徴

  • 10代 = 15%
  • 20代 = 57%
  • 30代 = 24%
  • 40代 = 4%

派手めゆるふわ系、20代ヤリ盛り多数、セフレやりとも特化型

こんな人におすすめ

  • セフレがほしい人
  • 年下の女性とエッチしたい人
  • ともだち感覚で付き合いたい人

イメージ

公式サイトはこちら↓
ユーザー満足度No.1 ミントC!Jメール≪18禁≫

登録は、18歳を過ぎてから♪ 無料登録したら、年齢承認を忘れずに!優良サイトなので、承認が必要です。

初心者にワクメをすすめする6つの理由

ワクワクメールイメージ画像
  • 初心者でも安心して使える
  • 10代、20代の女の子が多い
  • 積極的に出会いを求める女性が多い
  • 匿名性が高い
  • 最大2700円分のポイントがもらえる
  • 登録無料

ワクメ女性会員の特徴

  • 10代 = 9%
  • 20代 = 53%
  • 30代 = 19%
  • 40代 = 13%

恋活女子大生多数、経験浅いけど好奇心旺盛、出会い系初心者特化型

こんな人におすすめ

  • 恋愛に慣れていない人
  • まずは、ピュアな出会いからスタートしたい人
  • 若い女性と出会いたい人

イメージ

公式サイトはこちら↓最大2700円のポイントがもらえる。≪18禁≫

登録は、18歳を過ぎてから♪ 無料登録したら、年齢承認と携帯番号の承認を忘れずに!優良サイトなので、承認が必要です。

PCMAXをおすすめする6つの理由

  • 安全性・信頼性が高い
  • 幅広い年齢層と出会うことができる
  • エッチな出会いを積極的に求めている
  • 不倫願望のある既婚女性多数
  • 登録完了時100ポイントプレゼント
  • 登録無料

ピシマ女性会員の特徴

  • 10代 = 10%
  • 20代 = 54%
  • 30代 = 24%
  • 40代 = 10%

明るい派手め系女子、エッチ盛りの女性多数、婚外恋愛特化型

こんな人におすすめ

  • 幅広い年齢層の女性とワンナイトを楽しみたい人
  • 既婚女性とワケアリな関係を持ちたい人
  • 時間をかけずに即出会いたい人

イメージ

公式サイトはこちら↓
このリンクから登録で、無料ポイント500円分進呈(18禁)

登録は、18歳を過ぎてから♪ 無料登録したら、年齢承認と携帯番号の承認を忘れずに!優良サイトなので、承認が必要です。
  • どのサービスも登録無料ですので、ボーナスポイントをしばらく使ってみて、自分に合った出会い系を見つけることをおすすめします。
  • 必勝法は、検索項目でセフレや不倫浮気よりも、メッセージ交換、友達遊び相手、恋人探しからの方が、実は出会える確率が断然高くなることを覚えておきましょう。
  • 少し払う気になれば、今からでもすぐにヤレる。しかも風俗よりも確実に安いし100%楽しい。