セックスレス

セックスレスでも夫婦円満の秘訣・夜の営みなんていらないのか?

これまで、セックスレスに関するいくつかの記事をご紹介させていただきましたが、今回は、あえて「セックスレスを肯定する夫婦」に焦点をあてて、考察を深めていきたいと思います。

世の中には、「セックスレスだっていい」「夜の営みなんかいらない」そんなカップルも数多く存在しています。

そんな彼らが、日常実践している、レスでも夫婦円満の秘訣とはなんなのか?

題して、

「セックスレスでも夫婦円満の秘訣!夜の営みなんていらないのか?」

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」が、つとめさせていただきますので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事

 

セックスレスでも夫婦円満の秘訣

円満夫婦イメージ画像

日本性科学会の見解によると、病気や出張など個々の理由を除き、健康な夫婦が一か月以上性交渉が、無い場合をセックスレスと呼びます。

その上で、夫婦仲もいたって円満で、日常会話や外出など、普通の夫婦同様に、基本的な生活を続けている夫婦をセックスレス円満夫婦と呼びます。

一般に呼ばれる「仮面夫婦」とも違って、お互いにパートナーの事を愛情をもって、尊重しあっているところが、大きな特徴です。

 

円満夫婦の6割はセックスレス

インターネット調査会社、ネットエイジア が、30代から50代までの、男女1000人を対象に2018年に行った「夫婦に関する意識調査」によると、全体の8割が「夫婦円満」と回答し、そのうち6割はセックスレスと答えています。

円満夫婦の割合グラフ出典:https://dime.jp/

夫婦のコミュニケーションに関して言えば「月に一度以上デート」は、全体の3割、「夫婦でキスをする」は、4割とレス夫婦でも、しっかりとコミュニケーションをとっていることが分かります。

セックスレス夫婦の割合グラフ出典:https://dime.jp/

 

レス円満夫婦の秘訣

では、セックスレス円満夫婦で暮らしていくには、どのような意識が必要なのか、以下にご紹介しましょう。

ペットの存在

レス円満夫婦で、非常に良くお見受けするのが、ペットの存在。

特に子ども無しのレス夫婦だと犬や猫を飼って、夫婦共通の興味や話題を見つけ出しているのが特徴です。

寝る時もベッドの真ん中にワンちゃんをはさんで寝るから、お互いの肌が触れ合わなくても、全然平気。

外出の時でも、ワンちゃんを真ん中にして歩くから、犬をはさんで、それなりの会話も楽しめるわけなのです。

秘訣は、ペットにあり!と言うわけなのです。

相手を尊重している

レス円満夫婦は、常日頃しっかりとパートナーを尊重しています。

ちょうど仲の良い友達のような、もしくは兄弟のような関係に似ているようにも見えるのです。

相手が仕事で疲れているなら、そっとしておいてあげるとか、セックスはしなくても、マッサージをしてあげるとか。

体調が悪ければ、ドラッグストアに薬を買いに行ってくれるとか、栄養の付く食事を作ってくれるとか。

そういった小さな優しさで、相手をリスペクトすることが、レス円満夫婦の秘訣なのです。

余計な干渉をしない

レス円満夫婦の場合、お互いに仕事を持っている事も多いので、必要以上に相手を干渉しないことも、レス円満夫婦の秘訣です。

女性でも仕事で帰宅が遅くなることがあったりします。

そんな時に、いちいち「どこに行っていた?」とか「誰と会っていた?」なんて野暮な質問はしないのです。

それでも相手が、仕事の愚痴を言いたい時には、ちゃんと向き合って聞いてあげることも、レス夫婦円満の秘訣なのです。

自然体でいられる

レス円満夫婦の場合、セックスのプライオリティが低いため、ほとんど100%のカップルが、草食系の自然体夫婦。

セックスをしないことにナチュラルでいられるから、むだな衝突をすることなく、互いに仲睦まじく静かに生活をすることができるのです。

適度に感謝する

セックスレスにかぎらず、円満夫婦は、相手に対して感謝の気持ちを常に持っています。

日常の中に「ありがとう」の言葉が、何度も使われ、例えば、先に帰宅した人が、洗濯物を取り込んでくれていたら「ありがとう」

帰宅途中に買い物を頼んだら「ありがとう」

この感謝の言葉で、夫婦間のいろいろなものを、水に流すことができるのです。

寝室は別々

基本、自分を大切にしているから夫婦の寝室は、別々だったり、自分の書斎を持っていたりすることも、レス円満夫婦ならではの選択。

帰宅後、夫婦一緒に食事をして、テレビを観て、適度な時間になったら、「おやすみ」の一言で、夫婦別々の部屋へ。

そこから先は、お互いに干渉しないことも、レス円満夫婦の秘訣。

セックスだけが愛情ではない

そもそもレス円満夫婦の考え方には、セックスに対するプライオリティが低くて、別にセックスなんてしなくても、十分仲良くやっていけると言った自信をもっている方々も多いのが事実。

夫婦であるにも関わらず、ある部分、セックスに対して嫌悪感すら持っている方々も。。

相手を尊重したり、感謝したり、それだけで十分と言うわけなのです。

やりたい時には、自分で処理

でも、どうしても性欲処理をせねばならない時には、書斎にこもってAV鑑賞。

意外とAVコレクションには、強いこだわりがあったりして、性欲はあくまでもバーチャルな部分で楽しむことを心がけているようです。

また奥さんの方でも、好みのアダルトグッズを通販で取り寄せ、自室にこもって、オナニーを楽しんだりもしています。

これも新しい円満夫婦の姿なのです。

友達以上のビジネスパートナー

レス円満夫婦の立ち位置としては、友達以上のビジネスパートナーに近い存在。

特に金銭が絡む夫婦生活においては、両者がきちんと収入を確保することは必須。

貯蓄や投資、老後の計画もかなり綿密で、不動産投資や信託投資など、二人で話し合って、幅広い分野に資産を分散していることもレス円満夫婦の特徴です

そのため、暮らしぶりも豊かな方々が多く存在しています。

精神的なつながりを大切にしている

突き詰めて言えばレス円満夫婦とは、ソールパートナーのようなもので、お互いをリスペクトしながら精神的なつながりを大切にしている、次世代の夫婦と言ってもよいでしょう。

したがって、お互いにセックスはしなくても、いなければ困る存在であり、お互いを尊重しあえることが最も大切なことと考えているのです。

レス円満夫婦の声

「セックスレス夫婦」と聞くと冷めきった仲のように思われるけど、互いがそれに合意していて円満な生活を送っていれば何の問題もないと考えてる。片方が求めていて、片方が拒絶するパターンがしんどい。というか、地獄。

— (@fukazume_taro)

 

この、平安和気さんて方とは関わり合いたくはないのですが、昔私の知り合いで、7年間同棲していたカップルがいて、6年はセックスレスだったけど、結婚しましたもんね。
セックスなんてしなくったって円満な家庭はいくらでもあるって知らない人なのかなあと思います。

— 石丸徳馬 (@IshimaruTokuma)

 

初リプ失礼します!

セックスレスでも幸せです

お互い心地良く過ごせたらそれが一番いいに決まってますね

何よりも笑顔が大事!

— りょちゃぴ@笑顔の治癒力 (@Ryochapirorin)

 

嫁と結婚してよかったと思っています。こんなに幸せなことはないなとも思います。例えセックスレスであってもこのまま仲良く暮らして一生を添い遂げることに何の疑いもありません。レス期間がだいぶ長いので嫁は好きですがもう僕の中では性的な対象ではなくなってしまいました。

— エス (@shiryu093010)

 

関連記事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように、お互いを尊重し合いながら「適度な距離感」を保つことが、レス円満夫婦の秘訣なのです。

適度に相手を大切にして、適度に感謝して、適度に会話して、適度に依存して。

そのライフスタイルが固定されれば「セックスが無くても平気」と言う関係を維持できるという事なのです。