セックスレス

40代夫婦にセックスが必要な理由・スキンシップでレス解消

夫婦も40代になるころから、だんだんとセックスの頻度が減ってくると言われています。

ちょうど旦那さんも責任のある役職に就くころですし、奥さんだって子どもの教育に手のかかる時期。

ましてや思春期の子供がいると、おちおち喘ぎ声も漏らせません。

すれ違いも多くなり、気が付けば最後にいつセックスしたのかも忘れてしまっているご夫婦も多いのではないでしょうか。

しかし、40代からの夫婦生活だからこそ、セックスやスキンシップが重要であり、その後の人生に大きな影響を及ぼすのです。

それは50代からのターニングポイント、60代からの老年期を夫婦そろって上手に迎えるためにも、40代から準備しておく必要があるからなのです。

そこで今日は、

「40代夫婦にセックスが必要な理由・スキンシップでレス解消」

と題して解説させていただきます。

ご案内は、性の研究者としてこの道30年。延べ1万人以上の女性と関わりを持つ筆者「きんにくw:w」がつとめさせていただきますので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事

 

40代夫婦にセックスが必要な理由

夫婦イメージ画像

なぜ40代からの性生活が重要なのか

「今更、セックスなんて必要ないよ」

とお考えのご夫婦、それは大きな間違いというものです。

そもそもセックスとは、第一に性欲を満たすためのものですし、第二に子孫繁栄に絶対必要なこと。

でもそれ以外にセックスは、夫婦の愛を確かめ合うための大切なスキンシップの方法なのです。

夫婦ともに満たされた性生活をおくることで、お互いのことを尊重しあい、絆を深め合う大切なツールなのです。

この時期に適度なセックスをしておかないと、いざ定年を迎える50代以降、老後の生活がうまく行かなくなるケースが大変に多いのです。

子どもが成人して、いざ夫婦二人きりになっても、コミュニケーションの方法が分からなくなり、それどころか、今まで家にいなかった旦那の存在自体がストレスになり、熟年離婚なんてことにもなりかねません。

一方で、40代のころからセックスを楽しむ余裕のある夫婦では、老後になっても手をつないで買い物に出かけたり、映画鑑賞なんてことも気軽に楽しめるものなのです。

結局のところ夫婦だって人間ですから、一度離れたお互いの気持ちをまたもとに戻すことがどれほど難しいことか想像してみてください。

40代を過ぎてもセックスを楽しむことで、夫婦の気持ちがずっと一つでいられるのです。

早めに将来の夫婦像を考える

40代は、特に仕事が忙しくて、毎日の生活に追われがちです。

でも、少し立ち止まって、子育て後の夫婦像を二人で考えてみてください。

子供が親の面倒を見てくれる保証もないし、ましてや元気なうちは、子に負担をかけたくないと思うのは、どの親でも同じです。

ならば一人よりも二人。

夫婦の絆が本当に大切なものになってくるのです。

実際に熟年離婚を経験した方たちが言われるのは、離婚して気楽になった反面、いつも一人でいることが多く、最後に他人と会話をしたのも忘れてしまうくらい、孤独な日々を過ごしていると言われています。

人それぞれ、死ぬときには、一人ぼっちになってしまうのですが、せめて老後のひと時でもパートナーとともに心豊かに生活したいではありませんか。

その為にも、お互いの心が離れがちな40代のうちから、夫婦間の性生活を大切にして、二人の距離を近い位置に保つ努力が必要なのです。

仲の良い夫婦は子供にも好影響

40代を過ぎても適度にセックスを楽しんでいる夫婦は、普段からの生活でも自然と仲の良い二人でいることができます。

仲の良い夫婦の姿は、子どもたちにも好影響を与え、その子供たちも、同じように仲の良い幸せな家庭を築くようになるのです。

そればかりか、子供のころに親の離婚を目の当たりにした人の中には、精神的に不安定な方も多く、自身の結婚生活もダメになるケースが目立ちます。

子供から見て、「理想の夫婦」とは、実は、あなた方両親であることは、疑う余地もありません。

その為にも普段から、セックスを楽しめるくらいの余裕を持って、仲の良い夫婦でいられることを心がけてみるとよいでしょう。

セックスで更年期対策

女性も40代のころから、体に変化が現れはじめます。

いわゆる更年期障害。

子づくりを終えた女性の身体は、閉経へと向けて、急速にホルモンバランスが変化していきます。

その間には、頭痛やめまい、腰痛やホットフラッシュなど、自分では、コントロールできないさまざまな症状が発生するのです。

もちろん、うつや不安、イライラなど精神的に不安定になるのも更年期の症状。

この女性なら、だれにでもある更年期を上手にやり過ごすことにも、夫婦間の性生活が大切な役割を果たすのです。

実際専門家の意見では、

「セックスレスが更年期障害を重くする要因である」

ことが、さまざまな研究で判明しているのです。

それは、セックスをすると分泌される「幸せホルモン」セロトニンが精神を安定させ、良質の睡眠へと導き、睡眠中の代謝で脳と体をリセットさせるからなのです。

以上のように、40代からの夫婦生活にセックスが必要な理由は、はっきりとしています。

日ごろからできるセックスレス防止対策

夫婦イメージ画像

スキンシップ

日本人夫婦の場合、人前でスキンシップをすることは、恥ずかしいと思いがちです。

しかしセックスレスを防止するには、出会ったころの気持ちにもどって、お互いに触れ合う機会を増やすようにすることが大切です。

はじめは、夜寝る時に手をつないで寝てみるとか、子どもに見つからないように、そっと寝室で抱き合ってみるとか、はたまた洗面所で後ろから抱きしめてみるとか。

そんな身近なところから、トライしてみると良いでしょう。

そのうち慣れてきたら、外出時にも二人そっと手をつないで歩くことができるはずです。

そして、そんなふうに愛し合っている自分たちが、だんたんと誇らしく思えてくるものなのです。

デートを提案

結婚記念日や二人が出会った思い出の日など、夫婦にとって忘れられない日があります。

そんなときには、二人きりのデートを提案してみましょう。

もう子供も手がかからない年ごろですし、ちょっと洒落たロケーションで、たまには夫婦向き合ってみることも、セックスレス防止には、大きな効果が期待できます。

今日ぐらいは、日常の「パパ・ママ」から脱却して、恋人同士に戻ったように愛を語らってみてがどうでしょう。

もしかしたら、その流れで、夜に二人で燃え上がることも期待できるものです。

色っぽいランジェリー

夫婦でいれば、妻の着替えシーンを目撃することもままあることです。

そんなとき、グッとくる色っぽいランジェリーを身につけていたなら、思わず押し倒したくなるのが、男というもの。

たとえば、紫系のレースや黒いキャミソールなど見たら、セックスがご無沙汰でも、たちまちエッチなムードが高まるものです。

もし、奥さんがそのような洒落たランジェリーを一つも持っていないのなら、さっそくプレゼントしてあげることです。

セックスレスになりかけた、夫婦の距離がぐっと近くなります。

マンネリを解消してみる

いくら夫婦のセックスだからって、毎回同じパターンで行っていては、いずれ飽きてしまいます。

単に脱がせて、キスして胸吸って、ちょっと手で濡らして、それで挿入では、女性もいやがります。

セックスとは実は、大変奥が深いもの。

舌の使い方や指の使い方一つで、いくらでも官能的になれるのです。

部屋にキャンドルを灯してみたり、アロマを焚いてみたりするだけで、いつもとは違うセックスが楽しめるのです。

EDに悩むなら、他の方法を考えてみる

もし、あなたがEDで、セックスに自信がないのなら、挿入だけがすべてではないと言うことを忘れないでください。

大切なことは、夫婦のスキンシップ。

肌と肌を触れ合わすことの重要性をよく認識してください。

二人でお風呂に入るのも良いですし、裸で抱き合うだけでも良いでしょう。

また、最近では、アダルトグッズも通販で簡単に買えるようになりましたので、補助的に使用することをおすすめします。

要は、セックスとは、

「挿入して射精するだけではない」

と言うことを覚えおきましょう。

性について普段から話し合おう

夫婦も長らく「パパママ」の立場でいると、なかなかセックスのきっかけが、つかみにくいものです。

一番良いのは、夫婦でお酒を飲んで、いい雰囲気になってから、セックスするのが簡単ですが、それでなくても普段から、セックスについての話題を夫婦で、さりげなく話しあうことも大切です。

ちょっとしたジョークでもいいですし、もしペニスが元気に勃起していたら、奥さんに触らせてあげるとか、

「最近オナニーしている?」

とか、

「このところペニスのやたらと元気なんだ」

など。

奥さんのほうでも、

「最近おっぱいが大きくなってきた」

とか、

「生理が近い」

など、自分たちは、まだ現役なんだと言うように、性の話題を普段から話しあっておくことです。

そうすることで、より一層、お互いの理解が深まり、セックスレス防止に役立つものなのです。

冗談でもいいのです。

日ごろから、セックスについて話し合い、お互いのコンディションを理解しておくことをおすすめします。

 

関連記事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

40代になってからでも、夫婦にはセックスが必要であることが、お分かりいただけたと思います。

夫婦と言うものは、歳だけでなく、体の繋がりをかさねることで、末永くお互いをいたわり合い、助け合う間柄を築き上げることができるのです。

いずれ訪れる老後の人生をより豊かなものするためにも、

残りの人生を安心して生きるためにも、夫婦の性生活を続けてみてください。